取引先との商談を成功させよう【名刺管理ソフトを活用しよう】

女性

人脈を手軽に有効活用する

名刺

コストの削減も実現

企業の営業で欠かせないツールの一つが名刺ですが、これまで個人が管理していることが多く、企業全体で活用することが出来ていない状態でした。しかし、名刺をデータ化して管理することで、企業全体の資産として有効活用することが可能となります。名刺をデータ化して活用する場合、少し前であれば手作業で内容をパソコンに入力するのが当たり前でした。これは考えただけで手間のかかる非効率的な方法です。近年中心となっているのはクラウド型の管理システムで、スキャナやスマートフォンなどのカメラで名刺の情報を取り込むだけで良いというものが多く、情報登録にかかる手間が少ないことが人気となっています。情報を取り込んだ後は、仕分けや分類などの作業はシステム自体が行ってくれるため、時間的、人的コストを削減することが可能です。システムに保存された情報は、いつでも簡単に検索することが可能です。データ化してあることで、膨大なデータから自身が必要としているもののみを簡単に抜粋することが出来ます。名刺1枚を探すのに平均で3.4分かかると言われていますが、名刺管理システムを利用することで大幅な時間を節約することが可能となります。また、これまでは難しかった他部署の名刺にもアクセスすることができ、社内の人脈全体をビジネスに活用することが可能となります。名刺のデータ化は名刺管理にかかる時間的、人的コストを大幅に削減できるほか、企業全体で人脈という資産を有効活用することを実現します。