取引先との商談を成功させよう【名刺管理ソフトを活用しよう】

女性

営業を効率化

オフィス

サポート対応もある

社会人として働くうえで、外部の人とのコミュニケーションが発生する場合、紙の名刺交換が行われるのが通常です。紙でもらった名刺は、各担当ごとに保管されますが、紙ベースのため共有するのはそのままでは難しいのが現状です。近年こういった名刺の管理ソフトが出ていますが、評判の良いシステムの一つがsansanです。CMでも話題になっているためsansanの名前を聞いたことがある方は多いと思います。sansanを使用している人に聞くと、評判が良いのはやはり情報の共有化がしやすいという点です。名刺を設置されている機会にスキャンするだけで、入手した名刺情報をsansanデータ化することができます。そのデータを名刺を入手した本人だけではなく、サポートチームや他の営業も確認することができます。データ化された情報に、その時の訪問状況の内容を記入することもできるため、自分自身のデータとしても活用ができますが、引継ぎなどが発生した時も、過去の経緯をそのデータから確認することができます。また、突発的に何か資材を送らなければいけない時や連絡が必要な時など、これまでは名刺を渡して対応を依頼したり、サポートが別途エクセルでデータの作成をしていましたが、sansanのデータをみることで、即座に対応できる点も、サポートする側からの評判が良い点です。また、sansanを導入後、何か不明点があればsansanの担当者に電話をして確認ができたりする点も、導入側からの評判が良い点でした。sansanを導入することで、営業担当者のみならず、社内のサポート部隊での効率化もはかれるようです。