取引先との商談を成功させよう【名刺管理ソフトを活用しよう】

女性

ビジネス戦略のベース

紳士

多様化するニーズを分析

現代のマーケットは、消費者が主導となっています。かつては物を製造すれば売れる時代でした。しかし現代は物を製造しても簡単に売ることはできません。消費者がほしいと思っているものを潜在的思考として分析し、先回りして商品化することが大事なポイントなのです。顧客ニーズは完全に多様化しています。従来のマーケティング手法では、行き詰まりを見せる結果になるのです。新規顧客を獲得するためには、宣伝広告など多額のコストがかかります。商品を販売するに対してかかるコストが大きくなっているのです。闇雲に広告宣伝活動を行っても物を販売することはできないのです。そこで導入されたのがCRMです。CRMは顧客情報を分析するツールです。このツールを使用して顧客を知ることがビジネスを成功させる近道になります。このCRMで収集する情報は多岐にわたります。顧客の氏名や年齢、性別や出身地などの個人情報に加えて、購入や問い合わせの利用履歴、苦情や意見、要望などの情報など企業に接点を持ったすべての情報が分析のもとになるのです。顧客のニーズが変化しつつある中で、新しい提案を行い続けることが企業が生き残る術になっているのです。CRMはその情報集約と分析を行うベースとなります。一人ひとりにあった製品やサービスをいかに提供することができるのかがポイントになるからです。CRMは手作業では収集不可能です。IT技術などパソコンの高速化などによって実現されるようになった背景があります。