取引先との商談を成功させよう【名刺管理ソフトを活用しよう】

紳士

営業を効率化

オフィス

sansanは営業担当者のみならず、サポート部隊でも情報の共有をすることができ、業務の効率化がはかれることから、評判のよいシステムです。また、システム面のみならず、サポート体制も整っており、実際に導入を推奨する立場の人間からの評判も良いようです。

ビジネス戦略のベース

紳士

顧客のニーズは多様化しています。物を製造しても販売することはできません。CRMは顧客一人一人の情報を収集し分析するためのツールです。これを活用することで、顧客のニーズにマッチした商品やサービスを提案することが可能になります。

人脈を手軽に有効活用する

名刺

近年中心となっている名刺のデータ化はクラウド型の管理システムを使用し、情報をスキャナで取り込むだけの手軽な手法となっています。また、データ化することで企業が持つ人脈という資産を有効活用することを実現できます。

ビジネスチャンスのために

名刺

従業員全員で共有化

ビジネスにおいて、どの会社にどのような人物が配置されているかどうか把握しておくことは重要です。自分がどういう役目を担っているかアピールするために名刺を配るわけですし、受け取る側もその人がどのような役職についているか記憶するために保管しておきます。といっても、日本では日々多くの名刺が交換されていて、名刺を受け取っただけで終わってしまうという人も多いです。それでは、ビジネスにおいてコネクションが築き上げることができなくなり、大きな損失になってしまいます。名刺管理とは、上手く名刺から得たデータを活用する方法で、法人として従業員同士で情報を共有するために用います。1番簡単なのが、1つ1つの名刺をパソコン上にデータとして残すことです。簡単にあいうえお順にすることもできますし、会社別や役職別に並び替えることもできます。次に便利なのが、スマートフォンにデータを残すことです。パソコンとは違って携帯することができるので、営業先でも気軽に確かめることができます。さらに、クラウド管理をすると名刺管理の利便性が実感できます。クラウド管理であれば、誰か一人が名刺をもらったとしても、従業員全員にその名刺を知らせることができるので便利です。名刺管理には、表計算ソフトを使ってもできますが、名刺管理専用のソフトも開発されています。中には名刺をスキャンするだけでデータ化してくれるソフトもあり、いちいち手で入力する手間を省くことができます。